So-net無料ブログ作成

平野美宇のプロフや経歴や家族が気になる!伊藤美誠と東京五輪世代! [スポーツ]






161010_平野美宇.jpg

出典 ttp://j.people.com.cn/n/2014/1204/c94659-8818217.html


卓球女子ワールドカップで優勝した平野美宇(ひらのみう)選手(16歳)のプロフィールや経歴や家族が気になりますね。

平野美宇選手は、伊藤美誠選手(15歳)と共に東京五輪世代と呼ばれています。

今回は平野美宇選手のプロフィールや経歴や家族と、伊藤美誠選手とのライバル関係についてまとめてみました。


広告





平野美宇のプロフィールや経歴や家族が気になる!



アメリカで開催されていた卓球女子のワールドカップで、平野美宇選手が優勝しました。

16歳での優勝は史上最年少であり、日本人選手としても史上初の優勝という快挙です。

日本人選手初というか、卓球女子のワールドカップは今まで中国人選手しか優勝していません。

卓球に関しては、中国は本当に最強ですね。

ワールドカップは、オリンピックや世界選手権と並ぶ重要な大会です。

決勝の対戦相手は、世界ランク8位の台湾の鄭怡静(テイ・イセイ)選手でした。

平野美宇選手は世界ランク17位なので、鄭怡静選手は格上の相手になります。

平野美宇選手は強烈なフォアハンドを武器に得点を奪い、鄭怡静選手を圧倒して優勝しました。

8月のリオオリンピックには出場が叶わなかった平野美宇選手ですが、次の世代を担う一人として期待されています。

平野美宇選手は優勝後のコメントで、「東京オリンピックでは、金メダルを目指して頑張りたい」と力強く述べています。



平野美宇選手のプロフィール



名前 平野美宇(ひらのみう)

生年月日 2000年4月14日

出身地 静岡県沼津市

出身高校 大原学園高校

身長 156cm

血液型 O型

所属 ミキハウスJSC山梨

利き腕 右

世界最高ランク 11位



平野美宇選手の経歴



平野美宇選手は3歳頃から卓球を始めています。

平野美宇選手のお母さんの真理子さんが運営していた「平野英才教育研究センター卓球研究部」を見学していて興味を持ったことがきっかけでした。

真理子さんは「本人のやる気を引き出す」練習法で、平野美宇選手を一流の選手に育て上げます。

真理子さんは学校の先生をしていたので、「強制したらやりたくなくなる」という子供の心理を熟知していたんでしょうね。

平野美宇選手は今まで、両親から何かを積極的に勧められたことが一切なかったといいます。

平野美宇選手はそんなお母さんが大好きで、「お母さんと出来るだけ一緒にいたい」「お母さんに褒められたい」という気持ちで一生懸命に練習したそうです。

平野美宇選手は幼少期から多くの大会に出場して実力を伸ばしていきました。

平野美宇選手は負けん気が強くて、試合で負けそうになると泣いて悔しがりました。

その様子が福原愛選手の幼少期に似てるということで、マスコミから「第2の愛ちゃん」と呼ばれて人気者になっています。

2014年4月には、伊藤美誠選手とペアを組んだドイオープンダブルスで優勝しています。

2016年4月はポーランドオープン女子シングルスで、ワールドツアーシングルス初優勝しました。

そして2016年10月、アメリカ開催の卓球女子ワールドカップで初優勝しています。


広告






平野美宇選手の家族



平野美宇選手の家族はご両親と二人の妹がいます。

お父さんの光正さんは内科医をしています。

お母さんは真理子さんで「平野英才教育研究センター卓球研究部」を経営しています。

当初は「平野英才教育研究センター」という学習塾を経営していましたが、あとから「卓球研究部」を追加したようです。

平野美宇選手の家は、本当の「卓球一家」です。

お父さんもお母さんも筑波大学出身で、卓球の選手でした。

二人とも卓球部の主将を務めていたそうなので、もしかしたらそれが縁で結ばれたのかもしれませんね。

お二人の馴れ初めはともかく、両親が卓球の選手で長女が卓球に夢中なら、妹の世和(せわ)さんと亜子(あこ)さんも卓球好きになるのは当然といえます。

次女の平野世和さんは、平野美宇選手と一緒に全日本卓球選手権に出場するほどの実力があるそうですよ。

いずれ三女の亜子さんも腕を上げてきて、三姉妹で表彰台を独占なんてことになるとおもしろいですね。

ちなみに、平野美宇選手のお祖父さんも卓球好きで有名な方で、山梨医科大学の卓球部顧問を務めていたそうです。

これはもう「卓球一家」ではなくて、「卓球一族」ですね。


平野美宇は伊藤美誠と東京五輪世代!



平野美宇選手と伊藤美誠選手の二人はとても仲良しで有名です。

同年代ですし、国際大会でペアを組んで優勝するほどですから選手としての息もぴったりなんでしょう。

リオオリンピックでは、平野美宇選手はバックアップメンバーとして参加しました。

平野美宇選手は日本チームを一生懸命応援し、一緒になって喜んだと思います。

しかし試合に出られない悔しさはきっとあったはずです。

平野美宇選手のお母さんも、「娘の悔しがっていた気持ちを感じた」とテレビの取材に答えていました。

今大会の準々決勝で、平野美宇選手と伊藤美誠選手が対戦しました。

平野美宇選手が試合を決めたラリーを制したとき、左拳を強く握って喜びを表現したそうです。

平野美宇選手はいろいろな気持ちを乗り越えて勝利した試合だったのかもしれません。

平野美宇選手と伊藤美誠選手が国際大会で直接対戦した「みうみま」対決では、平野美宇選手が4勝3敗と勝ち越しています。

これが卓球漫画だったら、あまりにベタすぎると批判も起こりかねない王道のライバル関係ですよね。

東京オリンピック世代と呼ばれる平野美宇選手と伊藤美誠選手には、これからも仲良く切磋琢磨していってほしいと思います。


平野美宇のプロフや経歴や家族が気になる!のまとめ



卓球女子ワールドカップで平野美宇選手が優勝。

日本選手として史上初の優勝という快挙。

平野美宇選手は次の世代を担う一人として期待されている。

平野美宇選手は優勝後のコメントで「東京オリンピックでは、金メダルを目指して頑張りたい」と力強く述べる。

平野美宇選手は3歳頃から卓球を始める。

平野美宇選手のお母さんが「本人のやる気を引き出す」練習法で一流の選手に育てる。

平野美宇選手は負けん気が強くて試合で負けそうになると泣いて悔しがっていた。

平野美宇選手はマスコミから「第2の愛ちゃん」と呼ばれて人気者になる。

2014年4月、平野美宇選手は伊藤美誠選手とペアを組みドイオープンダブルスで優勝。

2016年4月、平野美宇選手はポーランドオープン女子シングルスでワールドツアーシングルス初優勝。

平野美宇選手と伊藤美誠選手は仲良しでライバル。

平野美宇選手と伊藤美誠選手が国際大会での「みうみま」対決では、平野美宇選手の4勝3敗。

東京オリンピック世代と呼ばれる平野美宇選手と伊藤美誠選手にはこれからも仲良く切磋琢磨していってほしいと思います。


今回の記事が皆さんの参考になれば幸いです。

まさきちでした。


広告








コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0